ガス給湯器及び給水配管の凍結予防のお願い

冷え込みが厳しい時は、ガス給湯器や配管内の水が凍結しお湯が出なくなることがあります。
厳しい冷え込みが予想される場合は、以下の点にご留意ください。

  1. 画像 機器内は外気温が凍結する温度近くになると、凍結予防ヒーターや循環ポンプの作動等で凍結予防する為、電源プラグを抜かないでください。(運転スイッチ「入・切」に関係なく凍結予防します。)
  2. 追焚き付給湯器から音がすることがありますが、これはガス給湯器の凍結防止装置が作動してポンプが運転しているもので、異常ではありません。詳しくはガス給湯器の取扱説明書をお読みください。
  3. ガス給湯器の給水配管に保温装置が取られていない場合や保温が不充分な場合には、保温材(市販の保温チューブ、タオル)等で巻くなど凍結防止の対策を取ってください。
  4. 給水・給湯配管及び給水元栓の凍結を防ぐため、給湯器の元ガス栓を閉め、給湯栓を開いて少量の水を流したままにしておくことをおすすめします。(1分間に約400cc…太さ約4mm程度)
    ※リモコンがある場合は運転スイッチを「切」にしてください。
    ※サーモ付混合水栓やシングルレバー混合水栓の場合は、最高温度の位置に設定してください。やけど予防のため、再使用時には温度設定にご注意ください。
    ※流量が不安定になることがありますので、30分ぐらい後に再度流量を確認してください。
  5. 給水・給湯配管及び給水元栓が凍結した場合には、無理に溶かそうとせず自然に解凍するまで待つことをおすすめします。
  6. 給湯栓から水が出るようになっても、ガス給湯器や配管から水漏れ等がないかよくご確認のうえ、使用してください。

         (お問い合わせ先)
         (岡山地区) 本   社     岡山市中区桜橋2丁目1番1号   (086)272‐3111
         (倉敷地区) 倉敷営業所   倉敷市中央1丁目27番20号     (086)422‐2750
         (赤磐地区) 赤磐営業所   赤磐市桜が丘西9丁目24-1     (086)955‐0229